カップ麺を待つ間に

話は長くても3分くらいで。じゃないと伸びちゃうし。

もがく苦しみ

https://www.instagram.com/p/hUTeXRHTEn/

Today's early morning.Hello,how are you today:))?#jp_views #jp_views_シルエット #jp_views_skyshot #jp_views_mobileshot #moon #japan #sky Galaxy note3&IG. 使用

 今の生活を捨ててまでやりたいことって何だろう。ここ数年そればかり考えて答えが出ずに苦しんでいる。何かをしなくては、けれど「しなくては」ではなく、「しよう」と思えるものが見つけ出せずにいる。こんな時に読み返したくなる小説がある。

*****

木内昇さんの小説はいつの時代も人が感じ苦しんでいるものは同じなのだなと思わせるものが多い。それまでも彼女の本は読んでいたけれど、木内さんを好きになったのは新選組 幕末の青嵐 (集英社文庫)を読んでからだ。当初は京都の観光スポットについての文章を書く予定だったにも関わらず、幕末ファンの木内さんが書き上げたものは小説になってしまった。まるで新撰組の方々の作文集みたいな本に仕上がっているが、時代に取り残されそうになって苦しんでいる者が描かれている。私は彼女が描いた沖田が一番好きだ。木内さんが描く新撰組にはもう一冊ある。地虫鳴く―新選組裏表録 (集英社文庫)だ。こちらはマイナーな阿部さんが主人公になっている。それにしても、あまり幕末モノはイマイチ好きになれなかったけれど、女性作家が描くとこうも読みやすくなるんだな。男性作家はロマンがテンコ盛りで、私はちょっと引いてしまうことが多い。そう、仕方のないことだけど、自己欲求のはけ口が新撰組隊士に表れているのだ。ははは。