カップ麺を待つ間に

話は長くても3分くらいで。じゃないと伸びちゃうし。

陽がこぼれる場所

f:id:moztao:20160102205251j:plain

陽がこぼれる場所

肌寒い空気のなか

控えめな陽が射し込む

扉を開けると少し驚いた顔二つ

そして穏やかな笑顔に変わる

少し埃くさい部屋に大きめのテレビ音

存在する全てが許されている安堵感

そんな場所を与えてくれた祖父母に感謝する

 

目を閉じると困ったような笑顔

今すこし どうかそのままで

 

 

 (写真はうちじゃないよ、えへ)